任意整理という言葉はよく借金の整理というふうにも言われていてそれらの貸し手に借金の支払いを継続していくことを選択した借金を整理する選択肢のことです。その手続きですが、司法書士の資格者それから弁護士の資格を持つもの貸方と債務者との中に立って話し合い、利息を定めている法律にかんがみて利息の再計算をして新たに計算しなおした借入金の元金について借入金利を少なくすることにより3年前後の期日で返済する債務整理計画です。任意による整理は警察等をはじめとする機関が口出しすることはないためそのほかの計画と比べると手続きを取った場合のデメリットが最小で、手順も依頼人にそんなに負担がないためメインとして比較してもらいたいルートになります。くわえて、貸し手がサラ金業者といったような法外なの場合利息制限法という法律で決められている貸出金利に加えて支払った借入金利にあたっては元金に充てられると考え元金自体を少なくすることもできます。ということから、ヤミ金業者といった高額な年利のところに何年も返済してきた例ではかなりの金利分をカットできるようなこともありますし、10年以上続けて返済してきた例では借金そのものが償却されるようなこともあります。任意整理のメリットは破産と違い一部分のお金だけをまとめていくことができますので他に保証人が関与している借金以外だけで処理していく場合や住宅ローンの分を除き検討したい際などにおいても活用することが可能になりますし全ての資産を手放す必要がないため投資信託や有価証券財産を所有していて、手放してしまいたくない状況においても有効な借金整理の手順といえます。ただ、手順を踏んでからの返済金額と実現可能な給与等の収入をかんがみて、適度に返済の計画を立てられるのであればこの手順による手続きを進めていくほうが良いといえますが、自己破産手続きと違い借金自体がなくなってしまうということではありませんので、元金の額がだいぶある場合などは実際に任意による整理の選択肢を選ぶのは難しくなるということになります。